確定申告

平成28年分(2016年分)確定申告の受付を開始しました

平成28年分(2016年分)所得税・確定申告の受付中です


当事務所では、平成28年分(2016年分)確定申告のお申込み受付を開始しています。

今年の確定申告の提出期間は、平成29年2月16日~3月15日(水)となっています。

お早めにお申込み頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

平成29年1月25日までにお申込みいただいたお客様は、早期申込割引として、基本料金から10%割引致します。

確定申告とは?

個人の方が、毎年1月1日〜12月31日までに得た全ての収入・費用などを計算し、税務署に申告する制度を「確定申告」と言います。
一般的には、個人事業主の方が行う手続きです。

会社員の方は、基本的には会社が年末調整をしてくれるので、特に確定申告をする必要はありませんが、医療費控除やふるさと納税、住宅ローン控除などがある方は、確定申告をする必要があります。

確定申告の期間は、毎年2月16日〜3月15日となっており、申告と納税の期限は3月15日となります。

平成28年分(2016年分)の所得に関する確定申告の提出期限は、平成29年3月15日(水)です

確定申告について更に詳しい解説は、こちらのブログもご参照下さい。

【確定申告の基礎】
【確定申告スタートダッシュ】

申告の流れ
資料準備編
経費にできる領収書
家事按分の基礎

 

確定申告をしないとどうなるか?

3月15日までに確定申告しなかったり、税金を納めなかったりすると、延滞税や無申告加算税などのペナルティが課せられます。
さらに、青色申告の届け出をしている方は、65万円控除の適用が受けられなくなりますので、ご注意下さい。

下記のようなお悩みのある方は、ぜひお問い合わせ下さい
・個人事業を開始したが、自分では確定申告できそうにない
・帳簿の付け方が分からない
・青色申告の届出書を提出したものの、どうすればよいか分からない
・忙しすぎて、領収書が溜まってしまっている
・マイホームを購入したので、住宅ローン控除の手続きをしてほしい
・不動産を売却したので、確定申告をお願いしたい

 

基本料金(一例)

当事務所に確定申告をご依頼いただく場合の基本料金は、以下の通りです。
詳細は個別にお見積りさせていただきますので、まずはお問い合わせ下さい。

不動産賃貸をされている方

個人事業主・フリーランスの方

会社員・年金所得者の方

土地・建物の売却をされた方

株式の売却等をされた方

 

贈与税の申告をされる方

・住宅取得等資金の贈与をされた方
・相続時精算課税に係る申告をされる方
・親族間で110万円を超える贈与をした場合 など

 

対応地域

東京都全域(杉並区、中野区、新宿区、渋谷区、目黒区、世田谷区、練馬区、豊島区、武蔵野市、三鷹市など都内全域)
関東近県(千葉県、埼玉県、神奈川県、山梨県ほか)
長野県全域(飯田市及びその周辺地域で、車で行ける範囲であればご訪問も可能です)
その他全国対応しています

平成29年1月25日までにお申込みいただいたお客様は、早期申込割引として、基本料金から10%割引致します。

↓お問い合わせ・お申込みはこちらから↓

 

    この記事を読んだ感想をお聞かせください!
  • 面白かった (0)
  • 役に立った (0)
  • まあまあ (0)
  • つまらなかった (0)
  • 応援します (0)

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

   

おすすめ記事



最近の投稿


人気記事TOP10