雑記

Macでダブルタップ&ドラッグを設定する方法

Macでダブルタップ&ドラッグを設定する方法

 

外出でMacを使うことが多い方や、マウスを常用しない方にとっては、タッチパッドの動作は非常に重要かと思います。

 

MacBook airのタッチパッド(トラックパッド)は、クリックが硬くて、若干押しにくさを感じています。
(ちなみに新型MacBook 12インチのタッチパッドは、クリックが二段階になっていて、「強く押す」という動作が可能になっています。
また感圧式ですので、実際には押していないのに、押しているような感覚が得られます。
実際、電源が入っていない状態でクリックしても、何の反発もありません)

 

私は本業でWindowsのノートPCを使っていて、こちらも基本的にはタッチパッドですべて対応しています。
また、フォルダを開けるのも、ウェブサイトのリンクを開くのも、ファイルの移動や文字の選択・移動まで、すべてタップで対応しています。
なぜかというと、それが相対的に早くて、フラストレーションがたまらないから。
タップに慣れると、右ボタンを押す、左ボタンを押す、クリックする、といった動作が、非常に煩わしく感じてしまいます。

 

そこで、MacBook airのタッチパッドです。
こちらのタッチパッドも、もちろんタップはできます。
ただ、ファイルを移動したり、文書を選択したりするときに、どうしてもクリックしないといけません。
タップを二回(ダブルタップ)して、そのままドラッグすることができないんです。
先ほども書いたように、MacBook airのタッチパッドはクリックに力が必要で、ちょっと押し辛い。
絶対に設定の方法があるはず、と思っていたのですが、「システム環境設定」のトラックパッドの設定を見ても該当する設定箇所がないので、ずっと諦めていました。

 

ただ先日、もしかしたらと思ってググってみたところ、やっぱりありました!
以下、備忘のため書いておきます。

 

「システム環境設定」
→ 「アクセシビリティ」
→ 「トラックパッドオプション」
→ 「ドラッグを有効にする」にチェックを入れる

 

分かりにくいところにありますね。。。

    この記事を読んだ感想をお聞かせください!
  • 面白かった (0)
  • 役に立った (0)
  • まあまあ (0)
  • つまらなかった (0)
  • 応援します (0)

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

   

おすすめ記事



最近の投稿


人気記事TOP10




コメントを残す

*

*