国際税務

【国際取引の税務~支払編・まとめ〜】

【国際取引の税務~支払編・まとめ〜】

このシリーズでは、海外取引を行っている会社が直面する税務上の論点について、できるだけ分かりやすくご説明しています。 海外取引の中でも、特に「海外への支払」に焦点を当てて、基本的な事項と主要事例を取り上げています。

国際税務

【国際取引の税務~支払編・事例⑱〜】海外の親会社に借入金利子を支払う場合

【国際取引の税務~支払編・事例⑱〜】海外の親会社に借入金利子を支払う場合

外資系企業の日本子会社の場合、海外の親会社から資本金以外に借入金を受けていることが多いと思います。 借入金の利子を支払う場合には、その利率をいくらにするのかという論点もありますが、源泉徴収についても気を付けなければなりま […]

国際税務

【国際取引の税務~支払編・事例⑰〜】インド法人に対して役務提供の対価を支払う場合

【国際取引の税務~支払編・事例⑰】インド法人に対して役務提供の対価を支払う場合

以前の記事でも紹介しましたが、インド法人に対する役務提供の対価については、他の国の会社や個人に対する取扱いとは異なっていますので、注意が必要です。 今回は、インド法人に対してソフトウェアの開発委託を行った場合に、その委託 […]

国際税務

【国際取引の税務~支払編・事例⑭〜】海外在住の個人に翻訳と通訳を依頼した場合

【国際取引の税務~支払編・事例⑭〜】海外在住の個人に翻訳と通訳を依頼した場合

今回は、海外駐在している社員や海外に居住する日本人の方に、翻訳や通訳を依頼するようなケースを取り上げます。 翻訳や通訳は、語学を使用している点では同じですが、その税法上の取扱いは若干異なります。 また、租税条約によっても […]

国際税務

【国際取引の税務~支払編・事例⑬~】機械の輸入に伴ってアフターサービスを受けた場合

【国際取引の税務~支払編・事例⑬~】機械の輸入に伴ってアフターサービスを受けた場合

海外から機械などを輸入するだけであれば源泉徴収は不要ですが、その輸入に付随して、その設備の据付サービスや試運転、アフターサービスなどを受けた場合も、源泉徴収は不要とされています。 今回は、機械等の輸入に付随して受けるアフ […]

国際税務

【国際取引の税務~支払編・事例③~】ソフトウェア開発の委託料を支払う場合

【国際取引の税務~支払編・事例③~】ソフトウェア開発の委託料を支払う場合

ソフトウェア開発の業界において、国内で販売や使用するソフトウェアであっても、いわゆるオフショア開発として、その一部または全部をインドや中国、東南アジアなどの会社に開発委託する場面が多いものと思われます。 海外への開発委託 […]